ads.txtファイルはこのプラグインで一発設置!超簡単な方法

いきなり本題から入ると、昨日、グーグル先生から「ads.txtファイルが設置されていないサイトがあります」という通知が来て、「今すぐ設置してください」的に言われて慌てました。

ここはまず設置してからお話ししましょう。プラグインで1分あれば設置できます。ワードプレスならサーバーの種類は問いません。

Xサーバーの設置方法はネット上に何種類か見つかったのですが、mix.hostサーバーの場合情報が見つからなくて困ってました。よろしくお願いします!

所要時間30秒でads.txtを設置する

プラグイン・Ads.txt Managerをプラグイン→有効化

プラグインのやり方は、ワードプレスでアドセンスしてる人はやり方みなさんご存じだと思いますので説明は省きます。

名前もズバリ「ads.txt manager」!

有効化したら、こんなボタンがダッシュボードの「設定」に現れます。

 

ads.txtをクリックしてスクロールしていくとこんな画面が出るので、以下のようにグーグル先生が「このテキストを作りなさい」と指令してきたものを貼り付けます。

拡大!します。

青ペンで隠したところは、ご自分のアカウント情報にあるpub-から始まる16桁の数字を入れてください。あとは、グーグル先生から来た通知のヘルプにあった文字列をそのまま貼ればよくて何も変える必要はありません。

 

※アカウント情報は、アドセンス→歯車のマーク→アカウント情報→サイト運営者ID

の数字です。これを保存するだけです。

 

ads.txtがちゃんと設置されたかどうか確認する

こんな簡単に設置できたので、「ほんまに設置できたの?」と不安になるぐらいですが、確認方法もカンタン!

ご自分のサイトのURLの後ろにads.txtをくっつけてみて検索してみてください。

こんなふうに、入力したものがそのまま呼び出せたら、ちゃんと設置されているということになります。

そして、一晩寝かせてみると・・・

グーグル先生の「要注意」が「解決済み」になっていました!

このように、プラグインなら、サーバーの種類も問わず超簡単に一発でテキストを設置できます。

多分、ですが、今のところこのやり方を紹介しているサイトは、ネット上には見当たりませんでした。

たまたま見かけた別のことを説明しているサイトに「ads.txt manager」のプラグインが紹介されていたので、ひょっとして使えるかもと思ってやってみたらできました。

ワードプレスならプラグインを使ったら、まず間違いがありません。

ぜひ参考にしてください。

とりあえずここまででアップします。また別の話はあとで。

ads.txt設置について錯綜したいろんな情報

ここからはおまけのような感じです。

〇このads.txtは、必ずしも設置しなくていいという話らしいんですが、最近急に設置を促されるケースが増えてきた。

〇そもそもワードプレスには設置は必要ないという話もありましたが、設置せず放置していると〇月までに設置しないと広告配信を取り消すぞ的に言われた人もいた。

〇はてなブログでは設置は難しいらしい。A8ネットのファンブログとSeesaaブログは対応済みらしい。基本無料ブログはアドセンス搭載できないのですが、対応しているところもあるし、ads.txt設置も、サービスに問い合わせてみてください。

皆さんに少しでもお役に立てるよう、(ほぼ)毎日記事を更新しています!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です